トイレの水漏れは業者へ

トイレの水漏れは業者へ 普段、当たり前のように利用しているトイレが水漏れを起こすと、それだけで生活が不便になってしまう事でしょう。明確に原因が分かるのであれば、自分で解決する場合もあります。しかし多くのケースでは、素人が対処できるようなトラブルではないため、業者の力が必要になるでしょう。キッチンやバスルームであればそれほど緊急性が高くないとも言えますが、トイレはそうも言っていられません。大人はともかく、小さなお子さんがいる家庭であれば、なおさら急を要するはずです。なぜ、水が漏れているのかという原因究明が必要なので、トラブルが起こったとしてもまずは慌てず、どこから水が漏れているのか、何が原因なのか探ってみる事が大切です。

■トイレの水漏れによくある原因

トイレの水漏れの原因としてよくある例としては、経年変化によって不具合が生じるものです。その具体的な箇所としては、部品と部品をつなぎ合わせているジョイントの部分でしょう。つなぎ目にはパッキンが使用されている事が多いですが、経年劣化によりひび割れや磨耗が起こってしまうと、水が漏れてきてしまいます。また、パーツを固定しているネジやナットが緩んでしまう事も珍しくなく、わずかな隙間や亀裂から水が漏れ出してしまうのです。このような経年劣化による不具合に関しては、普段からどれだけ丁寧に使用していたとしても起こり得るトラブルで、大切なのは定期的な点検や、トラブルが起こった時の早急な対処と言えるでしょう。

■慌てず自分で対処する
トイレの水漏れが自分の目で確認できた場合、まずは慌てず止水栓を閉めます。止水栓を閉めると水道からタンクに送られる水を止められるため、ひとまず余計に水が漏れ出してきてしまう心配がありません。水漏れの原因が他にある場合には、止水栓を閉めても被害が収まらない場合もありますが、原因が明確に分かるまでは出来る範囲で対処していきます。また、止水栓には手で回せるひねりがなく、マイナスドライバーが必要な場合があります。次に、トイレ内で繋げているコンセントは全て外し、漏電を防ぎましょう。もし、止水栓を閉めても水が漏れてきてしまう場合には元栓を閉め、被害が広がってしまわないように対処するようにします。

■水漏れの原因を探る

トイレの水漏れを発見した後、原因を探ってみるのも良いです。原因が分かれば自分で解決するか、業者に依頼するか判断することができます。まず、水が漏れていると分かった時、状態を確認しましょう。トイレの内側なのか外側なのか、音だけ聞こえるのか等、水が出ている箇所を発見します。便器の中や音だけ聞こえる場合、タンクの中で水が流れ出ている事があります。タンクのふたを開け、ホースの連結部分などがしっかりつながっているか、水が漏れていないか確認してみましょう。ウォッシュレットの水が止まらない場合、電池の交換が必要であったり、そもそも部品が故障していたりする可能性があります。基本的に部品が故障しているといったケースでは、自分で修理する事が難しいので、業者の手配が必要となるでしょう。

■まとめ
トイレで水漏れが起こっていると、生活に支障をきたしてしまうだけでなく、状態によっては被害が広がってしまう可能性も考えられます。特に、床から水が染み出して下の階の住人にまで被害を及ぼしてしまうというケースは避けたいものです。修理には多少なりとも費用がかかってしまいますが、トラブルを放置しておくほうが被害が大きくなってしまう可能性が考えられます。少しでも水が漏れていて原因が分からない、さらにひどい事にならないか不安だという場合には、業者に依頼してチェックしてもらうと安心でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース