ポンプを使ったトイレの水漏れの対処法

トイレの水漏れで被害が広がりやすいのが、便器の外に水が漏れてしまうものです。床が水浸しになり、マンションやアパートの場合、下の階にまで被害が及んでしまう可能性があるため、注意しなければなりません。水漏れを発見した場合には慌てず、その場で出来る事で被害を食い止めます。

■ポンプを使って水を取り除く

水がトイレの外に漏れ、床を濡らしている場合には、タンクや便器のどこかに亀裂があり、水が漏れている可能性があります。その場合にすべき事はまず、止水栓を閉め、水がそれ以上タンクに流れてこないようにします。タンク内に溜まっている水はレバーで排水し、便器内の水は灯油ポンプなどを使って取り除きます。水が流れてこないようにすれば、ひとまず被害をそこで食い止める事ができますので、その後に自分で部品を取り替える、もしくは業者を呼ぶのも良いでしょう。

■原因が分からない時は無理に触れない

素人がやってしまいがちな事の一つとして、原因不明の水漏れに対して誤った対処をしてしまう事です。例えば何かが詰まったのかもしれないという時、トイレにお湯を流し込み、溶かして解決したいという方法はよくありません。トイレに衝撃を加えたり、熱を加えたりするとヒビが入り、さらに水が漏れてしまうだけでなく、修理箇所が増えて余計に費用がかかる可能性があります。分からない場合には素直に業者へ相談する事をおすすめします。


■まとめ
トイレの水漏れは、ひとまず水を止めたり、ポンプで水を吸い出したりすれば被害を止められます。原因が分からない時は無理せず、一旦業者に連絡してみる方が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ