トイレの温水洗浄便座の水漏れ箇所

一般的にウォッシュレットと呼ばれる温水洗浄便座ですが、こちらはトイレの水漏れトラブルの原因になる事がしばしばあります。部品が故障してしまっている場合には、やはり部品を交換しなければいけない事が多いです。まずは被害を食い止める事、そして原因を発見し、状況に応じて業者に修理を依頼する事が求められるでしょう。

■温水洗浄便座の水漏れが起きる箇所

温水洗浄便座がトイレの水漏れの原因となっている場合、一般的に多い例としてはノズルから漏れていたり、便座下や操作ボタンの下あたりから水が漏れてしまったりする事があります。ウォッシュレットとして機能はしているものの、水漏れをしてしまっているという場合にはまず、どこから水が漏れているのか確認しましょう。部品の緩みでなければ故障の可能性があるため、業者へ連絡する事をおすすめします。

■水漏れではない場合

温水洗浄便座から水が漏れていると思っていたら、実は問題がないという場合もあります。例としては、ノズルから一時的に少量の水が流れているケースです。ノズルを洗浄するために水が流れている可能性が考えられるため、少し待ってみて止まるかどうか確認しましょう。また、リモコンを押しても水が止まらない場合、使用中に電池が切れた可能性がありますので、電池が切れていないか確認するようにしましょう。

■まとめ
温水洗浄便座は便利ではありますが、水漏れのトラブルの原因となる事も決して珍しくありません。普段通りの動作をしなかったり、水が漏れている様子が窺えたりする場合は、一度メンテナンスしてもらうと良いかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ