トイレの手洗い管に起こる水漏れ

トイレのトラブルの一つに手洗い管からの水漏れがあげられます。普段はあまり手洗い管は使わないという人も多いでしょうし、その為に水が漏れていても気がつかない場合もあります。しかし水が漏れる状態で放置する訳にはいきませんので、しっかり修理する事をおすすめします。

■水漏れを確認した時の対処

トイレの手洗い管の水漏れの原因を確認したり修理を行ったりする前に、まずは止水栓を閉めます。止水栓はトイレのタンクへと水を給水する箇所なのですが、止水栓を閉めておかなかった場合、タンクの水を抜いたとしてもずっと給水され続けてしまいます。修理するときは止水栓を閉めてから作業する必要がありますし、水漏れを一時的に対処するにも有効です。


■考えられる原因

手洗い管からの水漏れで考えられる原因は、シートパッキンの劣化や損傷があります。ピストンバルブという部品がタンク内にある給水口とボールタップの間にあり、その中にシートパッキンがあります。タンク内の水量の上下によって栓がされたり外れたりする際に必要となるのですが、パッキンが故障してしまうとタンク内に水が溜まったとしても流れ続けてしまいます。その結果、水漏れを起こしてしまいます。止水栓を閉めていれば心配ありませんが、どうしても手洗い管の水が止まらない場合、タンク内の問題を疑いましょう。

■まとめ
手洗い管から水が漏れるというよりは、タンク内の問題によって、水が溢れ出てしまうというトラブルが起こります。継続的に流れ出てきてしまうため、まずは止水栓を閉め、必要に応じて業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ